補聴器を持っている人

わからない時は

診察2

始めて補聴器を購入する際は、知識が身についていないのでどこで販売されているか知らない場合もあります。そのときは、補聴器を専門的に扱う販売店の利用が最も好ましいと言えるでしょう。

Read More

老化に注意

補聴器4

みなさんや、みなさんの周りの家族には耳の老化は始まっていませんか。年を重ねると耳が聞こえにくくなるというのは誰でも発症しやすい症状です。平均的にみますと、だいたい50代後半くらいからこの耳の老化は始まるようです。

Read More

耳のサービス

補聴器3

聴覚障害者にとって補聴器の存在は極めて重要です。補聴器をつけることによって聴覚を戻し、生活の楽しさが一変した、という声をよく聞きます。補聴器は高齢者向けだけではなく、現在は、幼児を含む幅広い年齢層向けに開発されています。

Read More

昔からの問題

補聴器2

難聴で悩んでいる方は補聴器の販売店をまずはチェック。自分に合ったものを装着することでストレス無く聞こえを良くすることができます。

風邪と思った方も新宿で耳鼻科をお探しならこちらをご利用ください。駅からも近くてアクセスに便利ですよ。

難聴という人間の聞こえの問題は昔から人類の課題となったものでした。そのため紀元前のローマにはもうすでに巻貝のような補聴器があったとされています。 16世紀ごろから人間の聞こえの問題に対する研究が進んできました。ヨーロッパの貴族階級の方には、巻き貝型の補聴器だけでなく、花瓶型やファッション性のあるものなどさまざまなものが使用されてきました。 19世紀には難聴の研究とともに電池などの技術的進歩も生まれ、補聴器はより小型化されるようになりました。戦後、つけていることがわからない補聴器が世界的に販売されています。 現在では、補聴器も様々なバリエーションがあり、つけていることがわからないものからオーダーメイドまでさまざまなものがあります。

今後は、高齢化社会を迎え、難聴になる人も多くなることが予想されます。そのため、補聴器のニーズは高まってくると考えられます。難聴についても研究が進み、高齢者だけでなく子どもの補聴器などさまざまなものが開発されていくと考えられます。 難聴と診断された人だけでなく、何となく聞こえにくい人が補完的に用いる補聴器もより一層普及していくと考えられます。そのような中で、自分の聞こえの程度をしっかりと認識してさまざまな選択肢の中で自分によりあったものを使用していくことが必要です。販売チャンネルも、現在では販売店が中心ですが、インターネットによる通信販売などが今後普及していくと考えますので競争が高まっていきます。

オススメリンク

注目の記事